国内外ニュース

スケルトン男子、高橋2年ぶりV 女子小室は9連覇

 男子で優勝した高橋弘篤=長野市スパイラル  男子で優勝した高橋弘篤=長野市スパイラル
 スケルトンの全日本選手権は24日、2018年度からコースの製氷が休止となる長野市スパイラルで行われ、男子は14年ソチ五輪代表の高橋弘篤が2回の合計タイム1分47秒93で2年ぶり5度目の優勝を果たした。

 女子は10年バンクーバー五輪から2大会連続代表の小室希(仙台大職)が合計1分51秒30をマークし、9連覇で10度目の頂点に立った。平昌冬季五輪の代表は来年1月中旬に日本の出場枠が確定した後に発表される。

 同会場で開催されたリュージュの全日本選手権は男子1人乗りで田中祥兵(ももち浜調剤薬局)、女子1人乗りはバンクーバー五輪代表の安田文(アシスト)が制した。

(12月24日18時51分)

スポーツ(12月24日)