国内外ニュース

韓国火災、ビル所有者拘束 29人死亡、過失致死傷容疑

 韓国・堤川市のビル火災現場=21日(聯合=共同)  韓国・堤川市のビル火災現場=21日(聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国中部の忠清北道、堤川にある公衆浴場やスポーツクラブが入るビルで29人が死亡した21日の火災で、韓国警察は24日夜、ビルの所有者の男(53)ら2人を業務上過失致死傷容疑などで拘束した。聯合ニュースが報じた。

 所有者の男はスプリンクラーのバルブを締めたままにし、火災時に作動しない状態になっていたと報じられている。

 20人が死亡した2階の女性用浴場の非常出口付近には棚が置かれ、事実上脱出が不可能な状態になっていた。こうしたずさんな管理で多くの死傷者が出たと警察はみているもようだ。

 拘束されたもう1人は50歳の管理人。

(12月25日12時06分)

国際(12月25日)