国内外ニュース

日中首脳の対話継続要望 二階氏「一帯一路」にも言及

 日中与党交流協議会で講演する自民党の二階幹事長=25日、中国福建省アモイ(共同)  日中与党交流協議会で講演する自民党の二階幹事長=25日、中国福建省アモイ(共同)
 【アモイ共同】自民、公明両党と中国共産党による定期対話「日中与党交流協議会」が25日午前、中国福建省アモイで開会した。自民党の二階俊博幹事長は講演で、両国関係について「対話と交流を途絶えさせてはならない。日中首脳は胸襟を開いた率直な意見交換を頻繁に続けていくべきだ」と要望した。

 現在の日中関係については「改善の道をまっしぐらに歩んでいる。努力を続ければ、国民感情は確実に改善される」と指摘した。

 二階氏は、中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」にも言及した。

(12月25日11時56分)

政治(12月25日)