国内外ニュース

ローマ法王がクリスマスミサ 難民への連帯呼び掛け

 24日、バチカンのサンピエトロ大聖堂でミサを行うローマ法王フランシスコ(ロイター=共同)  24日、バチカンのサンピエトロ大聖堂でミサを行うローマ法王フランシスコ(ロイター=共同)
 【バチカン共同】ローマ法王フランシスコは24日夜、カトリックの総本山バチカンにあるサンピエトロ大聖堂でクリスマスイブのミサを行った。世界各地では「数百万人の人々が故郷を追われている」とし、各地で苦しむ難民らを念頭に連帯を呼び掛けた。

 法王は、聖母マリアが故郷を離れ困難な旅の末に、宿屋に泊まることもできないままイエス・キリストを産んだとされるエピソードを紹介。現在も多くの人が生きるために故郷を離れざるを得ない状況だとし「クリスマスは、恐れを思いやりの力に変えるときだ」と訴えた。

(12月25日10時55分)

国際(12月25日)