国内外ニュース

福島、中1自殺「いじめが一因」 市教委の第三者委が認定

 第三者委の調査結果を受け、謝罪する市教委の柳沼直三教育長(中央)ら=25日午前、福島県須賀川市役所  第三者委の調査結果を受け、謝罪する市教委の柳沼直三教育長(中央)ら=25日午前、福島県須賀川市役所
 福島県須賀川市で今年1月、いじめを受けていた市立中1年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、市教育委員会の第三者委員会は25日「いじめが大きな一因となって自死を選択した」との調査結果を公表した。

 第三者委によると、男子生徒は同じクラスの男子9人に「触れると『菌』がつく」とからかわれたり、部活内で「ごみ」を付けたあだ名で呼ばれたりしていた。学習面などでも学校によくなじめず、ストレスを抱えていたという。

 こうした事実を踏まえ、第三者委は「いじめを受けたことにより、自死に至った」と認定した。

(12月25日13時12分)

社会(12月25日)