国内外ニュース

17年度の粗鋼生産0・1%減 経産省見通し

 経済産業省は25日、2017年度の粗鋼生産量が前年度比0・1%減の1億507万トンとなる見通しだと発表した。微減ながら2年ぶりのマイナスとなる。工場火災に伴う生産トラブルや定期修理が重なったのが主な要因とみている。

 18年1~3月期の粗鋼生産量は前年同期比0・6%増の2639万トンの見通し。

 先行きについては「自動車をはじめ堅調な需要が見込まれる」と分析。18年度はプラスに転換すると予想する。

 国内の自動車や電機メーカーなどを対象に調査した18年1~3月期の鋼材需要は1・4%減の2362万トン。うち輸出は2・8%減の779万トン。

(12月25日16時35分)

経済(12月25日)