国内外ニュース

小池氏、衆院選体当たり後悔ない 知事会批判も

 インタビューに答える東京都の小池百合子知事=25日午後、都庁  インタビューに答える東京都の小池百合子知事=25日午後、都庁
 東京都の小池百合子知事は25日、共同通信のインタビューに応じ、都議選と衆院選に相次いで挑んだ2017年を振り返り「勝負で体当たりが続いた。しないことを後悔するよりは体当たりして、また前に進む。後悔はない」と述べた。希望の党の衆院選公認候補者選別を巡る「排除」発言は「言葉遣いは反省するところがあった」とした。

 都が反対した地方消費税の配分基準見直しが18年度の与党税制改正大綱に盛り込まれたことに関しては反発。「全国知事会も半分以上が霞が関出身で、地方が元気になったかというとかなり疑わしい」と改めて知事会批判を展開した。

(12月25日18時25分)

社会(12月25日)