国内外ニュース

米、対北朝鮮で国防相会合検討 国務長官、河野外相に伝達

 会談する河野外相(左)とティラーソン米国務長官=15日、ニューヨークの国連本部(いずれもロイター=共同)  会談する河野外相(左)とティラーソン米国務長官=15日、ニューヨークの国連本部(いずれもロイター=共同)
 ティラーソン米国務長官が15日にニューヨークで河野太郎外相と会談した際、北朝鮮が挑発行動を続ければ、来年1月中旬にカナダで開催する外相会合に加え、国防相会合の開催を検討すると伝えていたことが分かった。不測の事態を避けるため北朝鮮との対話の必要性も強調した。日米関係筋が25日、明らかにした。

 米国とカナダが共催する外相会合は、休戦状態にある朝鮮戦争で国連軍に派兵した国のほか、日本や韓国、インドが参加。トランプ米政権が、より軍事的な対応を連想させる国防相会合も視野に入れるのは、北朝鮮に対する国際包囲網の構築と、核開発継続を容認しない強い姿勢を示す狙いがある。

(12月26日2時06分)

国際(12月26日)