国内外ニュース

別府老舗ホテルが10日連続休館 人材確保へ、働き方改革

 働き方改革の一環として、来年1月に10日連続で休館する杉乃井ホテル=26日、大分県別府市  働き方改革の一環として、来年1月に10日連続で休館する杉乃井ホテル=26日、大分県別府市
 大分県別府市を代表する老舗ホテル「杉乃井ホテル」は26日、働き方改革の一環で来年1月9~18日に10日間連続で休館すると明らかにした。約2億円の減収が見込まれるが、約800人の従業員が休暇を取りやすくすることで「良い人材を確保して、良いサービスにつなげたい」として実施を決めた。2019年以降も継続する方針だ。

 オリックス不動産(東京)が運営する杉乃井ホテルは10年以降、1月中旬ごろに5日間の休館日を設け、希望する従業員がアジアや米国などのホテルを視察する海外研修を実施。参加しない従業員は休暇としていた。18年からは、さらに5日間延長するという。

(12月26日16時46分)

社会(12月26日)