国内外ニュース

トヨタ九州、生産36万台超へ 17年度見込み、SUVけん引

 インタビューに答えるトヨタ自動車九州の金子達也社長  インタビューに答えるトヨタ自動車九州の金子達也社長
 トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)の金子達也社長(64)は26日までの共同通信などのインタビューで、2017年度の自動車生産台数が36万台を超える見込みで、18年度もこの水準を「さらに上回る」との見通しを明らかにした。世界的に人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)がけん引し、一部改良した車種の売れ行きも好調という。

 トヨタ九州は高級車ブランド「レクサス」を中心に6車種を生産しており、トヨタグループは愛知県に次ぐ「国内第2の生産拠点」と位置付けている。生産台数の約9割は海外向けで、エンジンや部品も生産している。

(12月26日16時56分)

経済(12月26日)