国内外ニュース

民進、統一会派の結成打診 立民拒否、希望は留保

 民進党の増子輝彦幹事長は26日、立憲民主党の福山哲郎、希望の党の古川元久両幹事長とそれぞれ国会内で会談し、来年1月召集の通常国会を見据え、3党による統一会派の結成を打診した。福山氏は、理念や政策が異なる希望とは組めないと拒否。古川氏は党に持ち帰って協議するとして回答を留保した。

 会談に先立ち、民進は国会議員と地方組織幹部による合同会議を開催。大塚耕平代表は党改革の選択肢の一つとして示していた新党移行について、当面は見送る考えを示した。

(12月26日19時31分)

政治(12月26日)