国内外ニュース

韓国、慰安婦合意検証を発表へ 被害者との意思疎通不足と結論

 【ソウル共同】韓国政府は27日、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に関し外務省に設けた作業部会による検証結果を発表する。合意に至る過程で「被害者との意思疎通が相当に不足していた」と結論付けた内容。韓国政府は平昌冬季五輪前に日本側を刺激するのを避けたい意向とみられ、すぐに対応策を決定せず、五輪後に先送りする見通しだ。

 日本政府関係者によると、韓国側は26日夜、外交ルートを通じて検証結果を日本側に伝えた。

 日本政府は合意の履行を強く求めており、韓国側の対応によっては日韓関係がさらに冷え込む可能性もある。

(12月27日11時26分)

国際(12月27日)