国内外ニュース

東レ子会社不正、報告書公表 納期圧力、人手不足が背景

 東レは27日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)で発覚した製品の検査データ改ざんについて、外部の有識者委員会が作成した調査報告書を公表した。報告書は、品質保証に対する東レ子会社の経営層の関心が薄かったと指摘。人員が足りず、納期に間に合わないと考えたことが担当者の動機となったと結論付けた。日本工業規格(JIS)に関連する法令違反などは確認されなかった。

 報告書は、不正が2代にわたる品質保証室長だけによって行われたと指摘し、組織的な関与はないとした。

 東レは報告書を受け、グループ全体の品質保証を統括する役員を置き、監督部署も創設する。

(12月27日11時50分)

経済(12月27日)