国内外ニュース

チベット族が焼身自殺 中国、抗議行動活発化か

 【北京共同】米政府系放送局ラジオ自由アジアは27日までに、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県で30歳前後のチベット族男性が中国政府の抑圧的な統治政策に抗議して焼身自殺したと伝えた。地元当局は男性の父親を拘束、厳戒態勢を敷いたという。

 亡命チベット人向けのラジオ局「チベットの声」によると今年、中国で焼身自殺を図ったチベット族は6人目という。2008年のチベット自治区ラサの大規模暴動から来年3月で10年となるのを控え、統治への抗議の動きが再び活発化している可能性がある。

(12月27日16時06分)

国際(12月27日)