国内外ニュース

金正恩氏動静、軍が5割 経済関係2割切る

 【北京共同】ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮メディアが27日までに報じた今年の金正恩朝鮮労働党委員長の動静報道は計102件で、このうち軍関係が50件で49%を占め、2014年以来の高割合となった。15、16年はいずれも軍関係が4割を切っていた。

 経済関係は19件で2割以下となった。金正恩体制は核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」を国家方針に掲げているが、動静報道を見る限り、今年は軍事面への偏重が顕著だったと言えそうだ。

 動静報道の件数は、金正恩氏が最高指導者に就いて以降、最少となった。対外関係は1件にとどまった。

(12月27日16時06分)

国際(12月27日)