国内外ニュース

パナ介護事業の子会社に女性社長 40代の森本氏、来年1月から

 パナソニックは来年1月1日付で、介護事業を手掛ける子会社「パナソニックエイジフリー」(大阪府門真市)の社長に森本素子副社長(44)を昇格させる。従業員数が4千人規模の子会社トップに女性が就くのは珍しいという。

 森本氏は京都府出身。中国の子会社やパナソニック本体の経営企画部門を経て、今年6月にパナソニックエイジフリーの副社長に就任した。

 パナソニックエイジフリーは全国約230拠点でデイサービスなどを運営し、2016年度の売上高は約340億円。元証券アナリストでパナソニック本体の介護事業担当の執行役員を務める片山栄一氏が今年7月から社長を兼任していた。

(12月27日17時20分)

経済(12月27日)