国内外ニュース

障害者虐待2226人、16年度 施設職員は最多、厚労省調査

 厚生労働省は27日、2016年度に障害者が家族や福祉施設職員から受けた虐待が1939件あり、計2226人だったと発表した。15年度の2184人からほぼ横ばいだったが、施設職員による虐待は18%増の401件、672人に上り、調査を始めた12年度以降で最多となった。

 調査は12年に施行された障害者虐待防止法に基づき、今回で5回目。厚労省は増加の理由について「法律で虐待の通報が義務付けられたことが定着したためでは」としている。

 福祉施設では、暴行や拘束といった「身体的虐待」が57%と最多。次いで暴言などの「心理的虐待」が42%、「性的虐待」が12%だった。

(12月27日18時45分)

社会(12月27日)