国内外ニュース

11月の鉱工業生産0・6%上昇 経産省、22年ぶり「持ち直し」

 経済産業省  経済産業省
 経済産業省が28日発表した11月の鉱工業生産指数速報(2010年=100、季節調整済み)は103・6となり前月より0・6%上昇した。半導体関連の増産が寄与した。基調判断は「生産は持ち直しの動きがみられる」から「持ち直している」に上方修正した。「持ち直している」の判断は約22年ぶり。

 経産省の担当者は基調判断の変更について「生産指数が東日本大震災前の水準を継続的に上回っている」と説明。半導体製造装置などの設備が伸びており底堅いと分析した。指数が2カ月連続の上昇となったのは今年初めて。

(12月28日11時20分)

経済(12月28日)