国内外ニュース

法科大学院、補助金ゼロは1校 神戸大など12校が100%超

 文部科学省は28日、法科大学院37校に対し、2018年度に支給する補助金の最終的な配分率を公表した。教員給与分を100%とした上で、司法試験合格率や教育内容によって増減する仕組みで、神戸大や京大など12校が100%を超えた。一方、南山大のみ補助金がゼロとなった。

 法科大学院への交付金や補助金は、司法試験合格率や定員充足率などにより5段階に分類し、教員給与分の90%、80%、70%、60%、0%を基礎額として算定。これに他校との連携や地域貢献といった取り組みを各校が申請し、有識者の審議で配分率が加算される。

(12月28日16時36分)

暮らし・話題(12月28日)