国内外ニュース

ビットコイン価格が乱高下 仮想通貨、5日で最大4割下落も

 インターネット上で取引される仮想通貨の代表格「ビットコイン」の価格が12月に入って乱高下している。17日に1ビットコイン=227万円台を付けたが、22日には一時130万円台まで急落し、5日で最大4割下落する値動きを見せた。米国での先物取引の開始や日銀の黒田東彦総裁の発言が激しい値動きにつながった。

 17日は、米取引所大手のCMEグループによる先物取引の開始を控え、市場の拡大を意識した買いが入り、価格が上昇した。ただ、その後は将来的に値下がりすると見込んだ売りが一気に広がった。

 黒田総裁が21日、「異常な高騰であることは事実」と発言し、売りに拍車を掛けた。

(12月28日17時16分)

経済(12月28日)