国内外ニュース

スキー湯浅が3度目の五輪代表 21歳安藤は初出場有力

 男子回転 優勝した湯浅直樹=阿寒湖畔  男子回転 優勝した湯浅直樹=阿寒湖畔
 アルペンスキーの平昌冬季五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権技術系最終日は28日、北海道阿寒湖畔で男女の回転が行われ、男子はエースで34歳の湯浅直樹が合計タイム1分40秒73で制した。既にワールドカップ(W杯)の成績でも五輪派遣基準を満たしており、2大会連続3度目の五輪出場が決まった。

 女子は21歳の安藤麻が合計1分50秒57で4連覇を遂げ、五輪初出場が有力となった。

 男子は成田秀将が0秒75差の2位で、中村舜が3位。女子は長谷川絵美が0秒90差の2位、清沢恵美子が3位だった。

(12月28日17時55分)

国際大会(12月28日)