国内外ニュース

米、北朝鮮攻撃に3割賛成 共同世論調査、日本は2割

 日本の民間非営利団体「言論NPO」は28日、北朝鮮情勢に関する米メリーランド大との共同世論調査の結果を発表した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する米国の軍事行動の是非について、日本では賛成20・6%だったのに対し、米国では10ポイント以上高い32・5%に達した。

 米国では反対が44・2%で、48・3%の日本より4・1ポイント低かった。言論NPOは、軍事行動への反対意見は「米国では支配的ではない」と分析した。

 北朝鮮核問題の解決が「難しい」と考える人は、米国の32・6%に対し、日本は67・4%で、日本で悲観的な見方が強いことが浮き彫りになった。

(12月28日18時31分)

国際(12月28日)