国内外ニュース

性的嫌がらせで大リーグ選手告発 ツインズ、取材の女性カメラマン

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ツインズのミゲル・サノ内野手(24)から性的嫌がらせを受けたとして、同球団を取材しているカメラマンの女性が28日、ツイッターで告発した。2015年に行われたサイン会後にキスを迫り、トイレに連れ込もうとしたとの主張で、米メディアによるとサノは否定した。球団は「深刻に受け止めている」との声明を発表。情報収集に努めるという。

 ドミニカ共和国出身のサノは今季114試合の出場で打率2割6分4厘、28本塁打、77打点。初めてオールスター戦に出場した。

(12月29日10時31分)

国際(12月29日)