国内外ニュース

伊勢ケ浜親方が立候補へ 相撲理事候補選、辞任直後

 伊勢ケ浜親方  伊勢ケ浜親方
 元横綱日馬富士関の暴行事件で、師匠としての監督責任を取って日本相撲協会理事を辞任したばかりの伊勢ケ浜親方(57)=元横綱旭富士、本名杉野森正也、青森県出身=が2018年2月に実施予定の理事候補選挙に立候補する意向であることが31日、協会関係者の話で分かった。

 伊勢ケ浜親方は12月20日の臨時理事会で自ら辞任を申し出て、2階級降格の役員待遇委員となった。世間を大きく騒がせた事件の加害者側にありながら、すぐに理事に復帰できる可能性があり、出馬は波紋を広げそうだ。

 理事候補選挙は2年に1度行われる。

(1月1日2時09分)

相撲(1月1日)