国内外ニュース

ボクシング、統一王者田口が会見 一夜明け「実感増す」

 防衛成功から一夜明け、ポーズをとるWBA・IBFライトフライ級統一王者の田口良一(左)とIBFミニマム級王者の京口紘人=1日、東京都品川区のワタナベジム  防衛成功から一夜明け、ポーズをとるWBA・IBFライトフライ級統一王者の田口良一(左)とIBFミニマム級王者の京口紘人=1日、東京都品川区のワタナベジム
 世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のライトフライ級で2団体王座統一を果たした田口良一(ワタナベ)ら王者3人が防衛成功から一夜明けた1日、東京都内で記者会見し、田口は「実感が増している。2018年は内容を求めて勝ち続けたい」と笑顔で語った。

 田口はIBF王者との激戦を3―0の判定で制して日本人3人目の統一王者となり、WBA7度目の防衛を果たした。祝福メッセージは400件以上と反響の大きさに驚いた様子だった。次戦は春にも予定されるIBFの指名試合にWBA王座も懸ける方針。

(1月1日17時35分)

スポーツ(1月1日)