国内外ニュース

新春初泳ぎに120人、和歌山 寒さに耐えて海へ

 新春恒例の初泳ぎで海に入る参加者=2日、和歌山県田辺市の扇ケ浜  新春恒例の初泳ぎで海に入る参加者=2日、和歌山県田辺市の扇ケ浜
 和歌山県田辺市の扇ケ浜で2日、新春恒例の初泳ぎがあり、0歳から84歳までの男女約120人が元気よく海に駆け込んだ。

 気温7度、水温11度。安全祈願の神事の後、準備運動をし、同市出身の俳優小西博之さんの掛け声で始まった。

 犬のかぶり物を着け「新春初泳ぎ」と書いたパネルを掲げて記念撮影をするなど楽しむ姿の一方、冷たい風が吹く中、「寒い~」と悲鳴が上がり、肩まで漬からず浜辺に上がる人も目立った。

 田辺第二小5年の畑本理玖君(11)は「とても寒かったけど、みんなと一緒に海に入って楽しかった」と話した。

 この催しは、田辺水泳協会が毎年続けており、今回で92回目。

(1月2日21時00分)

暮らし・話題(1月2日)