国内外ニュース

官庁、企業で仕事始め 「業績アップ」「平和に」

 官公庁や企業の多くが4日、仕事始めを迎えた。景気回復、東京五輪、北朝鮮問題…。「業績アップに期待」「平和に過ごしたい」。希望や不安を胸に列島各地で新年のスタートを切った。

 東京都庁では4日、小池百合子知事が職員向けの新年あいさつで「今年は平昌冬季五輪・パラリンピックなど世界的なスポーツイヤー。この盛り上がりを2020年東京大会につなげられるよう、国などと連携を強化する」と強調。いぬ年であることに触れ「変化が著しく速い状況をドッグイヤーと表現する。時代は激しい変化のまっただ中で、スピード感をもって東京の明るい未来に向けて尽力したい」と述べた。

(1月4日12時20分)

社会(1月4日)