国内外ニュース

高麗航空、平壌―北京線を減便 北朝鮮国営、週3回から2回に

 【北京共同】北朝鮮国営の高麗航空が、週3回運航していた平壌―北京間の直行便を今月から週2回に減らしたことが分かった。2月まではこのスケジュールで運航するという。高麗航空が4日、明らかにした。

 理由は明らかにしていないが、冬季は観光客などの需要が減ることに加え、国連安全保障理事会決議で北朝鮮への輸出が禁じられている航空燃料を節約するための可能性もある。

 高麗航空は先月まで同路線を火・木・土曜の週3回運航していたが、今月から木曜の運航を休止した。高麗航空の平壌―中国・瀋陽便も先月下旬から今月中旬まで一時的に運航を休止している。

 平壌―北京便はほかに中国国際航空も運航するが、昨年11月下旬から需要減のため休止し、今年3月以降に再開する見通し。

(1月4日16時31分)

国際(1月4日)