国内外ニュース

くまモン、海外企業の利用解禁 費用負担は要求、アニメ制作も

 海外企業による「くまモン」の利用解禁を発表する熊本県の蒲島郁夫知事=4日、熊本県庁  海外企業による「くまモン」の利用解禁を発表する熊本県の蒲島郁夫知事=4日、熊本県庁
 熊本県は4日、これまで原則として認めていなかった県のPRキャラクター「くまモン」の海外企業による関連商品の製造、販売を解禁すると発表した。国内とは異なり、利用する企業に対し費用負担を求める。8日から運用を始める。

 県によると、広告代理店と連携して国ごとに申請を受け付ける。世界中にくまモンの認知度を広げ、インバウンド(訪日外国人客)の増加につなげる狙いがある。

 県はくまモンが主人公のアニメを制作し、国内外に配信する方針も公表した。2019年の放送開始を目指し、吉本興業などが参画した製作委員会を立ち上げる。放送の媒体は未定。

(1月4日13時45分)

暮らし・話題(1月4日)