国内外ニュース

茨城の夫婦死亡、殺人と断定 鈍器で殴打か

 茨城県つくば市東平塚の住宅で頭に外傷を負い死亡していた建築業小林孝一さん(77)と妻揚子さん(67)について、県警は4日、死因をいずれも鈍器のようなもので殴られたことによる失血死と明らかにした。殺人事件と断定、つくば中央署に捜査本部を設置した。

 司法解剖では、小林さんは後頭部に数カ所、揚子さんは顔や後頭部に十数カ所の傷が確認され、昨年12月30日前後に死亡したとみられる。2人の腕などからは防御創とみられる傷も見つかった。

 小林さんは夫婦2人暮らし。1日に訪ねた揚子さんの娘(43)と夫(42)が2階で倒れている2人を発見、午後4時40分ごろに110番した。

(1月4日20時35分)

社会(1月4日)