国内外ニュース

元オリックス選手を在宅起訴 免許停止中に接触事故

 大阪地検は4日までに、運転免許停止中に車を運転し、バイクと接触して運転手に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の罪でプロ野球オリックスの奥浪鏡元選手(22)を在宅起訴した。処分は昨年12月27日付。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると昨年5月22日、大阪市此花区内でバイクと接触し、運転手の顔に軽傷を負わせたとしている。

 此花署が昨年8月、同法違反容疑で書類送検していた。

 球団によると、奥浪元選手は2014年、岡山・創志学園高から入団。昨年8月、契約が解除された。

(1月4日20時45分)

社会(1月4日)