国内外ニュース

サムスン、半導体で初の世界首位 25年ぶり、インテル陥落 

 ソウルのサムスン電子本社=2017年2月(共同)  ソウルのサムスン電子本社=2017年2月(共同)
 【ニューヨーク共同】米調査会社ガートナーは4日、韓国のサムスン電子が2017年に半導体の売上高で米インテルを抜き、初めて世界で首位に立ったと発表した。首位の交代は1992年以来、25年ぶりとなり、半導体の世界市場の勢力図が塗り替わった。

 サーバーやスマートフォン向けメモリーといったサムスンの主力製品の需要が増えているため。一方、日本勢で最高だった東芝は8位で、日本メーカーの劣勢ぶりが鮮明になっている。

 サムスンの半導体売上高は前年比52・6%増の612億1500万ドル(約6兆9050億円)。

(1月5日12時15分)

経済(1月5日)