国内外ニュース

国内新車販売3年ぶり増加 523万台、新型車が寄与

 2017年の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年比5・3%増の523万4166台と3年ぶりに増加した。日産自動車とSUBARU(スバル)の無資格検査問題が逆風となったが、各社が売り出した新型車が好調で販売増に寄与した。国内景気の回復を背景に、消費者の購買意欲が高まったことも影響した。500万台の大台を回復するのは2年ぶり。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。

 軽自動車以外の自動車(登録車)の販売台数は前年比4・5%増の339万824台と2年連続で前年を上回った。

 軽は6・8%増の184万3342台と3年ぶりに増加した。

(1月5日15時46分)

経済(1月5日)