国内外ニュース

8年連続でJR利用が増え 年末年始の新幹線、特急

 JR旅客6社は5日、年末年始期間(12月28日~1月4日)の利用実績を発表した。新幹線や在来線特急の主要線区には前年同期比0・4%増の1057万4千人が乗車し、8年連続で前年を上回った。長期休暇が取りにくい曜日配列だったため利用が集中した。

 東海道新幹線の利用者は前年並みの321万3千人だったが、下り列車は利用が増え、ピークだった12月29日に過去最高の29万9900人が乗車した。山陽、九州新幹線も前年並みだった。

 北海道新幹線は4%減、東北新幹線は前年並み。上越新幹線は2%増、北陸新幹線は東日本区間で3%増、西日本区間で2%増だった。

(1月5日16時36分)

暮らし・話題(1月5日)