国内外ニュース

連休明け、北日本で大雪の恐れ 成人の日は全国的に雨

 気象庁は5日、日本海で低気圧が発達するため、連休明けの9日から10日にかけて日本列島周辺は冬型の気圧配置が強まり、北日本(北海道、東北)や北陸以西の日本海側で、大雪や強風などの恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、今後、日本海で低気圧が発生する見込みで、8日には急速に発達しながら北東に進む。低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むため、「成人の日」の8日は全国的に雨になり、積雪の多い地域では雪解けによる雪崩にも注意が必要だ。

(1月5日18時46分)

社会(1月5日)