国内外ニュース

プーチン氏の来年訪日を検討 政府、北方領土交渉節目に

 プーチン大統領(AP=共同)  プーチン大統領(AP=共同)
 政府はロシアのプーチン大統領を来年招く方向で検討に入った。5月を軸に調整を進める。実現すれば2016年12月以来。北方領土問題解決に向けた節目の訪日と位置付ける。複数の政府筋が5日、明らかにした。日本で来年開く20カ国・地域(G20)首脳会合への出席とは別に、2国間訪問の枠組みで訪日を提案する。2度訪れる手間を省くため、開催日未定のG20とセットで2国間訪問日程を組む案もある。

 プーチン氏が3月の大統領選で勝利することを見越した対応。日本政府は「国内権力基盤が盤石なプーチン氏の在任中に領土問題を動かさないといけない」(政府筋)との見方を強めている。

(1月6日2時05分)

政治(1月6日)