国内外ニュース

花粉症、高齢ほど症状が楽に 子どもは重症化も、製薬会社調査

 花粉症の程度を「軽症」と答えた人の割合  花粉症の程度を「軽症」と答えた人の割合
 花粉症は高齢になるほど症状が軽くなる―。ロート製薬(大阪市)が実施した花粉症に関する調査で、こうした結果がまとまった。子どもは「副鼻腔炎」を併発して重症化するリスクが大人より高いことも分かり、同社は早い時期からの予防や治療を呼び掛けている。

 調査は昨年11月、インターネットで実施。20~79歳の男女500人に症状を聞いた。

 花粉症に詳しい大阪府済生会中津病院の末広豊医師は「年を取ると花粉などの異物を排除する免疫系の働きが衰え、アレルギー反応が起きにくくなる」と指摘している。

(1月6日15時55分)

医療・健康(1月6日)