国内外ニュース

メコン川流域で115の新種発見 開発が脅威、市場で販売も

 ラオスとタイの国境の森で見つかった新種のコウモリ(WWF提供)  ラオスとタイの国境の森で見つかった新種のコウモリ(WWF提供)
 東南アジアのメコン川流域で色鮮やかなトカゲやカエルなど115の新種が見つかったと、世界自然保護基金(WWF)が6日までに公表した。このうち巻き貝を食べる珍しいカメの仲間がタイ北部で売られていたほか、多くが開発による環境破壊や密猟で絶滅の危機にあり、WWFは「早急な保全が必要だ」と訴えている。

 カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムにまたがる地域の生き物を2016年に調べた結果をまとめた。

 タイ北部市場では、研究者が見慣れないカメが売られているのを発見。巻き貝を餌にするマレーニシクイガメと似ているが、甲羅の形や色などが異なり、近縁の新種と判明した。

(1月6日17時30分)

科学・環境(1月6日)