国内外ニュース

大阪大ミス、昨年30人不合格に 半年で3回の指摘、補償検討

 記者会見の冒頭、頭を下げる大阪大の小林伝司副学長(中央)ら=6日午後、大阪府吹田市  記者会見の冒頭、頭を下げる大阪大の小林伝司副学長(中央)ら=6日午後、大阪府吹田市
 大阪大は6日、昨年2月に実施した入試の物理科目で出題と採点にミスがあり、不合格とした受験生30人を新たに合格させたと発表した。個別面談して慰謝料などの補償を検討し、希望者については今年4月の入学を認める。昨年の6月と8月、外部から指摘があったが「大学側の解答が正しい」として対応できず、昨年12月の3回目の指摘でミスと分かった。

 西尾章治郎学長は「受験生の将来に極めて大きな影響を及ぼす事態を起こし、おわび申し上げる」とのコメントを発表。大阪府吹田市で記者会見した小林伝司副学長は「(受験生が)負担する必要がなかった費用については誠実に対応したい」と述べた。

(1月6日21時15分)

社会(1月6日)