国内外ニュース

W杯モーグル第4戦、遠藤は4位 日本勢で唯一決勝2回目に進む

 男子モーグル決勝2回目 コブを攻める遠藤尚=カルガリー(共同)  男子モーグル決勝2回目 コブを攻める遠藤尚=カルガリー(共同)
 【カルガリー共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は6日、カルガリーでモーグル第4戦が行われ、日本勢は男子の遠藤尚が唯一、上位6人による決勝2回目に進出し、82・91点で4位に入った。ミカエル・キングズベリー(カナダ)が開幕からの連勝を4に伸ばし、通算46勝目を挙げた。

 昨年3月の世界選手権2冠の堀島行真は決勝1回目で敗れて12位、西伸幸が13位、原大智15位、四方元幾16位だった。藤木豪心は予選で敗退した。

 女子で5日の予選を通過した住吉輝紗良は決勝1回目で敗退して15位。ブリトニー・コックス(豪)が今季2勝目となる通算9勝目を手にした。

(1月7日12時06分)

スポーツ(1月7日)