国内外ニュース

サッカー藤枝順心が2大会ぶりV 全日本高校女子選手権

 2大会ぶり3度目の優勝を果たし、喜ぶ藤枝順心の選手たち=神戸ユニバー  2大会ぶり3度目の優勝を果たし、喜ぶ藤枝順心の選手たち=神戸ユニバー
 サッカーの全日本高校女子選手権最終日は7日、神戸市の神戸ユニバー記念競技場で決勝が行われ、藤枝順心(静岡)が作陽(岡山)を2―0で下し、2大会ぶり3度目の優勝を果たした。

 藤枝順心は前半終盤に素早い攻めから青木のゴールで先制し、同終了間際には好パスに反応した並木が加点した。初の決勝を戦った作陽は序盤にセットプレーから好機をつくったが、最後まで集中を切らさなかった相手守備を崩せなかった。

(1月7日18時35分)

サッカー(1月7日)