国内外ニュース

経団連、9日に中西次期会長内定 日立から初

 経団連は9日、会長・副会長会議を開き、榊原定征会長(74)の後任に筆頭副会長で日立製作所会長の中西宏明氏(71)が就く人事を内定する。任期は2期4年が通例で、中西氏も2022年まで務めるとみられる。日立出身者が経団連会長に就くのは初めて。5月31日に開催予定の定時総会で正式に就任する。

 榊原氏は次期会長の条件として、製造業出身であることや経団連副会長の経験者であることなどを挙げていた。中西氏はこうした条件に一致し、今後の成長が期待される人工知能(AI)やロボットなどの先進分野にも明るい。

(1月8日15時30分)

経済(1月8日)