国内外ニュース

豪猛暑、シドニーで47度超 史上2番目、屋外で火の使用禁止

 オーストラリア・シドニーのビーチで海水浴する人々=7日(ロイター=共同)  オーストラリア・シドニーのビーチで海水浴する人々=7日(ロイター=共同)
 【シドニー共同】真夏を迎えている南半球のオーストラリアが7日、猛暑に見舞われ、最大都市シドニー西郊で観測史上2番目に高い47・3度を記録した。シドニーがあるニューサウスウェールズ州当局は同日、山火事などへの懸念から屋外での火の使用を禁止した。

 この日はシドニー各地で40度を超える暑さとなり、開催中のテニス大会「シドニー国際」が中断された。気象当局によると、シドニーの最高気温は1939年に記録された47・8度。

 シドニー周辺は8日も暑さが続くとみられたが、曇りがちで一時雨が降るなどし、7日ほど気温は上がらなかった。

(1月8日16時54分)

国際(1月8日)