国内外ニュース

いじめで中3男子自殺未遂、大阪 枚方市教委が第三者委設置

 大阪府枚方市の市立中3年の男子生徒(15)が昨年4月、いじめが原因で、校内で飛び降り自殺をしようとし、市教育委員会が同6月に「重大事態に当たる」として、調査のための第三者委員会を設置していたことが8日、市への取材で分かった。

 市教委は自殺未遂の当日の夜には事態を把握しており、第三者委は事実関係や、市の対応が迅速で適切だったかなども調べる。市は第三者委設置に約2カ月を要したことについて「当初は被害生徒の学校生活への復帰に力を入れていた。設置すれば聴き取りも実施されるため、傷ついている被害生徒の心情にも配慮した」と説明している。

(1月8日17時31分)

社会(1月8日)