国内外ニュース

阪神、星野氏を追悼 金本監督らが黙とう

 死去した星野仙一氏を追悼し、室内練習場で黙とうする(左から)阪神の揚塩健治球団社長、金本監督、矢野2軍監督、片岡コーチ=8日、甲子園球場  死去した星野仙一氏を追悼し、室内練習場で黙とうする(左から)阪神の揚塩健治球団社長、金本監督、矢野2軍監督、片岡コーチ=8日、甲子園球場
 4日に死去した星野仙一氏が監督を務めた阪神は8日、兵庫県西宮市の甲子園球場に隣接する室内練習場で星野氏を追悼し、金本知憲監督や新人選手、球団スタッフらが黙とうをささげた。

 同日から始まった新人合同自主トレーニングの前に、星野氏が阪神を率いてリーグ優勝した2003年の主力メンバーである金本監督や片岡篤史ヘッド兼打撃コーチ、矢野燿大2軍監督ら約80人が参加した。

 矢野2軍監督は「急だったから残念でならない」としのび、星野氏の監督付広報を務めていた平田勝男チーフ兼守備走塁コーチは「思い出がありすぎて出てこない」と肩を落とした。

(1月8日17時25分)

プロ野球(1月8日)