国内外ニュース

宮原知子、今年の抱負は「挑」 大阪で五輪壮行会

 平昌冬季五輪代表の壮行会で、花束を贈られたショートトラック男子の渡辺啓太(左)とフィギュアスケート女子の宮原知子=8日、大阪市  平昌冬季五輪代表の壮行会で、花束を贈られたショートトラック男子の渡辺啓太(左)とフィギュアスケート女子の宮原知子=8日、大阪市
 平昌冬季五輪代表でフィギュアスケート女子の宮原知子(関大)とショートトラック男子の渡辺啓太(阪南大職)が8日、大阪市内のホテルで行われた大阪府スケート連盟主催の壮行会に出席した。19歳の宮原は今年の抱負として「挑」の一文字を掲げ「挑戦する気持ちが一番大事。やるべきことをやっていきたい」と初の五輪へ向けて意気込みを語った。

 年末年始には1週間の休養をとり、スポーツの神様をまつる白峯神宮(京都市上京区)など三つの神社を参拝して五輪での活躍を誓ったという。

 同じく五輪初出場で25歳の渡辺は「最高の結果を得て帰ってこられるように頑張りたい」と力強く話した。

(1月8日20時56分)

国際大会(1月8日)