国内外ニュース

楽天の梨田監督ら、星野氏に献花 「闘将」の遺志を継ぐ

 楽天生命パーク宮城に設けられた星野仙一氏の献花台に黙とうする楽天の新人選手ら=9日午前、仙台市  楽天生命パーク宮城に設けられた星野仙一氏の献花台に黙とうする楽天の新人選手ら=9日午前、仙台市
 プロ野球楽天の梨田昌孝監督、立花陽三球団社長や新人10選手らが9日、仙台市の楽天生命パーク宮城で、4日に死去した星野仙一元監督の献花台に花を手向け、「闘将」の遺志を継ぎながら戦っていくことを誓った。

 膵臓がんで闘病していたことを知っていた立花社長は「みんなに伝えられなかったことはつらかった」と振り返り「これからもチームがたるんでいたら活を入れてほしい」と語った。遺族の意向を踏まえながら今後、追悼試合や監督時代の背番号「77」を永久欠番とすることなどを検討していくとした。

 岡山商科大からドラフト1位で入団した近藤弘樹投手らは活躍して恩返しすることを誓った。

(1月9日13時16分)

プロ野球(1月9日)