国内外ニュース

天皇退位儀式、3月に方針 政府、継承準備委が初会合

 皇位継承を巡る準備委員会の初会合であいさつする菅官房長官(右)=9日午前、首相官邸  皇位継承を巡る準備委員会の初会合であいさつする菅官房長官(右)=9日午前、首相官邸
 政府は9日午前、2019年4月30日の天皇陛下の退位と翌5月1日の皇太子さまの新天皇即位を巡り、菅義偉官房長官をトップとする準備委員会の初会合を首相官邸で開いた。退位の儀式や、19年秋の実施が想定される「即位の礼」の在り方を定めた基本方針を取りまとめることを確認した。菅氏はその後の記者会見で、基本方針の策定時期は3月中旬になると明らかにした。

 天皇の退位は約200年ぶり。円滑な皇位継承に万全を期すため、政府一体で取り組む態勢を整えた形で、今後、調整を本格化させる考えだ。

 準備委には菅氏や杉田和博官房副長官、山本信一郎宮内庁長官ら計10人が出席。

(1月9日12時16分)

政治(1月9日)