国内外ニュース

美術館で公開、相続税猶予 個人蔵の国宝・重要文化財

 相続税猶予の仕組み  相続税猶予の仕組み
 政府は、個人が所有し、国宝や重要文化財に指定されている絵画や彫刻、書跡などの美術工芸品を美術館や博物館に預けて公開した場合、所有者の相続税を猶予する方針を9日までに決めた。2019年度をめどに導入する。相続時に貴重な文化財が散逸するのを防ぎ、美術館などで適切に管理しながら一般公開の機会を増やすのが狙い。

 美術工芸品のうち、個人が所有する重要文化財(国宝含む)は昨年5月時点で全国に702件。このうち刀剣や書跡・典籍を中心に約100件の所在が分かっていない。相続時の売却のほか、文化財であることを相続人が知らずに散逸してしまうケースもあるという。

(1月9日17時35分)

社会(1月9日)