国内外ニュース

経団連会長に日立初の中西氏内定 経済再生へ、政権と連携強化

 経団連は9日、会長・副会長会議を開き、榊原定征会長(74)の後任に、筆頭副会長で日立製作所会長の中西宏明氏(71)を内定した。日立出身者の経団連会長は初。任期は2期4年が通例で2022年まで務める見通し。中西氏は都内で報道陣に「政治との対話をこれからも充実させたい」と述べ、安倍政権との連携を強めていく考えを示した。5月末の定時総会を経て就任。

 中西氏は「大変な役割だと思う。経済再生を強力に進めていきたい」と語った。さらに「日本経済は20年以上停滞感があったが、ようやく動き始めた。(経団連会長として)これを回すことができるなら面白いと思った」と話した。

(1月9日19時06分)

経済(1月9日)